お悔み電報のマナーについてご紹介

リンパドレナージュの通信コースで紹介されて知ったのですが、親せきや会社関係の知人が亡くなったとき、電報を送るべきか悩むときがあります。いつ贈るのが良いタイミングなのか、お悔み電報のマナーについてご紹介します。

◇いつ贈る?お悔み電報

不幸の便りを知ったらできるだけ早く電報を送るようにしましょう。告別式の席で司会者が読み上げることも多いため、遅くとも告別式が始まる前には必ず届くように送ります。

◇どんな言葉を選んだらいいの?

何と送れば良いか分からない場合は、電報会社の用意しているフォーマットを利用するのもひとつの得策です。
オリジナルで作成する場合は「忌み言葉」と呼ばれる不幸を連想させるフレーズは決して使わないこと。苦しむ・重ね重ね・ふたたびなどは、絶対に使ってはいけない言葉です。

◇料金の目安は?

弔電の多くが3千円~5千円のタイプが主流となっています。相手との関係性を考えて、恥ずかしくない弔電を送っておくことが望まれます。
最近では飾ることもできる、ブリザーブドフラワーとセットになっているタイプも人気です。

しょっちゅうある事ではないので、葬儀場の方に言われるままに進行していくイメージがあります。
喪主も色々打ち合わせがあり、ある程度は葬儀場のスタッフの司会進行の元滞りなく式は進んで行くので、ある程度任せてしまった方がいいと言う印象です。お悔やみ事は人生で何度もある事ではないので、どうゆう風にしていればいいのかとかがわからない事が悩みました。

結局は自分や身内もわからない事だらけなので、葬儀場のスタッフの方にご教示してもらいながら進行させていく事が一番だと思いました。
やはりしょっちゅう体験する事ではないので、慣れているって言い方が正しいのかわかりませんが、お仕事で毎日のようにお悔やみ事に立ち会っている葬儀場のスタッフの方々と事前に打ち合わせて、わからない事なども事前に確認しておけば、こんな時はこうした方がいいとか色々教えていただけるので相談した方がいいと思います。

僕と同じ悩みを持った方は、わからない事があれば葬儀場のスタッフの方に遠慮なく聞く事だと思います。知ったかぶって間違いを起こすよりはいいです。

PR|生命保険の選び方お家の見直ししま専科女性向けエステ.comマッサージのリアル口コミ.com英語上達の秘訣ダイエットチャレンジ健康に役立つ口コミ情報